地域ダントツNo.1 整骨院を目指します。交通事故治療なら、宇都宮市の「とば整骨院」にお任せください!

オスグッド専門治療

  • HOME »
  • オスグッド専門治療

オスグッドに悩むお子様をお持ちの親御様へ

オスグッド(オスグッド・シュラッター病)とは?

オスグッド病のレントゲン写真小学生高学年から中学生、10~15歳くらいの成長期の子供に多く、サッカー・バスケットボール・バレーボールなどのスポーツをする選手に発生しやすい膝の疾患です。
膝のお皿の下の骨が剥離し出っ張って痛みます。
走ったりジャンプしたりすると激痛が伴ったり、歩行時やしゃがむ時にも痛みで日常生活に支障をきたすこともあります。
外見上は異常が見られないので、本人はとても痛いのに周囲の理解が得られず、精神的にもつらくなることがあります。

原因

オスグッド病の原因

大腿四頭筋(太ももの前側の筋肉)からつながる膝蓋腱が、脛骨(すねの骨)の上部(膝のお皿の下)にくっついています。
大腿四頭筋の力が膝蓋腱に伝わることによりすねを動かしていますので、足を動かす動作をすると膝蓋腱と脛骨のくっついている部分には引っ張る力が加わります。
10~15歳くらいの成長期には、すねの骨の上部はまだ形成過程で、表面は軟骨で覆われています。
そのため、この部分は膝蓋腱と軟骨がくっついている状態で、なおかつ運動時に強い力が加わるため、弱い部分です。
さらに成長期には大腿四頭筋がどんどん発達し、力が強くなります。
そしてランニングやジャンプなどの動作を繰り返すことにより、すねの骨の腱がくっついている部分が剥離を起こすと言われています。

主な症状

  • 膝のお皿の下の部分がぽっこりと腫れて痛い。
  • しゃがむと痛い。痛くてしゃがめない。
  • 正座ができない。
  • 押すとすごく痛い。

一般的な治療法

安静にする。
成長期が終わるまでスポーツは禁止。
アイシング。
ストレッチ、サポーター、テーピング。

患者様の悩み

病院に通院しているが痛みが取れない。
サポーターやバンドを巻いているが治らない。
スポーツを再開すると痛みが再発してしまう。
痛みで思うようなプレーができない。
レギュラー争いをしていて休みたくない。
とても痛いのに周囲の人から理解されず、つらい。

当院の治療の特徴

問診と検査をしっかり行い、原因を見極めます。
原因となっている部位に対して施術をおこない、オスグッドをしっかりと治していきます。
大腿四頭筋を中心とした柔軟性の確保と骨格のバランス調整をおこない、ケガをしにくい身体に改善していきます。
1~3回で施術終了する方がほとんどです。
スポーツを休む必要はありません。

オスグッドは放置すると、痛みがなくなっても膝の下の出っ張りは戻りません。
重症化する前に早めに治療することが早期回復のために大切です。

オスグッド治療の料金

初診料 5,000円、2回目 3,000円(税込)

患者様の喜びの声

中学1年の息子さんの親御様
中学1年の息子が陸上をしており、オスグッドになってしまったため、治療してもらいました。
先生はいつも痛みや不安を理解してくれて、治療後は痛みも緩和し気持ちも前向きにさせてくれました。
今では安心して思い切って部活に励んでいます。

オスグッド専門治療ならとば整骨院

交通事故・労災・各種保険取扱 TEL 028-614-8400 昼12:30まで、夜20:00まで受付
土曜午後、日曜祝日休診 無料P6台完備

PAGETOP
Copyright © とば整骨院 All Rights Reserved.